屋内にアンテナを設置できるのか

屋内に設置する事は可能

結論からいうと、立地環境によっては屋外ではなく屋内にアンテナを設置する事は可能です。具体的にはまず地上波デジタル放送のアンテナについては、パネル式アンテナを含めて様々なタイプが市販されていますので、それを買ってください。BS・CSアンテナについては基本的に屋外につけるものであるため、屋内アンテナは市販されていない状況です。しかし、屋内にBS・CSアンテナを設置する場合の台付きポールは市販されていますので、それを買えば問題ありません。続いて、郊外エリアに住んでいて周囲に高層建物がない状況であれば、地上波デジタル放送、BS・CS放送共に確実に視聴できます。ただし、高層ビルがたくさん建ち並ぶ都市部に住んでいる場合はその限りではありません。特にBS・CS放送はすぐ前方に高い建物があるとアンテナを設置しても視聴できないため、都市部に引っ越す場合はベランダの向きの確認が重要です。

メリットとデメリット

屋内にアンテナを設置する事にはメリットとデメリットがあります。まずメリットとしては、自分で設置するという事は業者を呼ばずに済む事を意味し、1万円から2万円くらいかかる設置コストを丸ごとカットできます。また賃貸住宅とはBS・CS共同アンテナが付いている物件が少ない中、引っ越す度にベランダに設置したアンテナを撤去したり新居で設置するのは面倒です。そんな中、室内にポールを置く形であれば、設置や撤去に時間をとられる事がありません。また、室内に設置する形ならテレビ画面を見ながら向きを微調整しやすいのもメリットです。ただし、デメリットもあり、例えば線路付近に住んでいるような場合、性能が低いアンテナを室内に置いていると電車が通るたびに映りが悪くなったりします。その他、子供やペットに向きをずらされてしまったら再度微調整を行う事が必要です。